衛星インターネット 評判

 

 

衛星インターネットはご存知ですか?

 

私はつい最近まで知らなかったのですが、アメリカや日本の堀江貴史さんが『宇宙ビジネス』に注目している中そのようなテレビでの放映でインターネットを宇宙から配信させるという計画があるそうです。

 

 

カンタンに言うと『宇宙に衛星機器を飛ばしてそこからインターネットを発信して繋げてやる!』みたいなビジネスです。

 

あんまり日本には関係ないかもしれませんが、これがどんどん進化していけば日本でもポピュラーになっていくのかもしれません。

 

 

そんな衛星インターネットについて個人的に思ったこと、調べたことを書きました。

 

 

衛星インターネットって成功するとどうなる?

 

衛星インターネットは実際はあんまり日本だと関係ないと思います。その理由は単純に「既にネット通信ができるから」です。これは今の時代では当たり前ですね。しかし、世界規模で考えるとインターネットは繋がっていない国が多いようです。

 

 

「えっ?」

 

 

と一瞬疑問に思う人がいるかもしれませんが、実際ネット設備が整っていない国って多いんです。

 

日本の周辺の中国や韓国、北朝鮮、ロシアなどは同じく当たり前のように開通されていますが、それよりも遠い国のアジアではまだまだ開通していない国が多く在ります。最近では経済の発展で、マレーシアやタイ、ベトナムも随分豊かになってきたと言われていますが、それよりも奥の東アジアの地域やアフリカ地域ではインフラが整っていないためインターネットが開通していないと言われています。

 

 

ネット通信ができていない国はなぜ繋がらない?

 

1番が治安や豊かではないため、生活に余裕がないことも考えられます。

 

 

ですが、1番は「電信柱などの電波を送信させたり、受信する機器がない」ことが原因となります。

 

 

日本では当たり前に電信柱があり、基地局があるためそこから電波が繋がりネット通信が可能です。ですが、まだ発展しない国ではそのような設備がないです。

 

 

 

そのためスマホはもちろんパソコンを持っていない人も多いといわれています。なので、とても生活が不便だと思います。そういった国々にも宇宙から電波を送信することによってネット通信が自由に出来るようになれば、電信柱など住宅やマンションに通信信号を送らずとも受信機さえあればネットが出来てしまうというような仕組みになります。

 

 

 

めっちゃ画期的。

 

 

 

なので、良いビジネスプランだと思います。
詳しくは他サイトでも衛星インターネットの実態について詳しく載っている場所もあります。

 

先進国ではなく、インフラ設備がまだ整うのに5年10年も先になってしまう国の人々にはとてもありがたいことだと思います。

 

 

宇宙からの通信って料金どんくらい掛かるんだろう…

 

これはまだ未知数。どこも成功していないので実験段階ですね。なので、正式な料金は今はないです。しかし、いずれ開発に成功し個人にまで普及されるレベルになればある程度生活水準に見合った料金で売られていくと思います。

 

 

 

日本の基準で1ヶ月一人辺りに必要なお金が20万だとすると、その10%以下になると思うので、日本で言えば2万円クラス

 

でも日本では2万円も月々に掛かれば契約する人はいませんね。水準が5000円前後ですから。でも他国の人はこの水準が変わってくるはずです。

 

 

 

やっぱり、ネットは便利で一部の人は無理してでも導入したいと思う人もいると思います。

 

 

ですので、生活費の5〜10%くらいの料金で落ち着くんじゃないかなと思います。各国によって文化や設備、価値観は違うのでどこで落ち着くのかわかりませんが、まだまだ一般的に使用するまでには時間が掛かると思います。

 

 

世界的な大会社が衛星インターネットに興味を示している

 

衛星インターネットってどんな企業が興味を示しているのか?

 

というのが気になる調べていると、相当な大企業がこれに取り組みを始めています。

 

 

例で言うと『amazon』『facebook』です。

 

 

日本でもKDDIが色々と行動をしているようですが、かなり大手の企業が新たなネット関連のビジネスと宇宙ビジネスを合わせておこなっているようです。凡人の私にはわかりませんが、相当凄い計画をして未来への投資として動いているんですね。

 

 

 

Googleもgoogleアースとかでナビをしているくらいでこれも衛星写真からおこなっていますね。

 

 

ですので、当然googleもこれに参入してくるでしょうけど、とてつもないことに今後ネット通信業界は激変してくるでしょうね。これに関しては海外の方が強い興味を示しているようです。ただ、莫大な資金や情報網がない企業じゃないと太刀打ちできないでしょうから日本でもソフトバンクの孫さんも既にこの宇宙ビジネスを知って関連会社へ投資をしているようです。このビジネスって投資段階で1兆円以上掛かる模様。

 

 

 

そりゃあ、ロケット打ち上げるんですからね。

 

物凄い費用を宇宙に放り投げて検証していくのですからバカにならない。

 

打上花火、上から見るか下から見るかみたいなw

 

 

とにかく数百基、数千基を宇宙へ出すのは凄いですね。

 

 

衛星インターネットっていつ頃開発される?

もちろん私が知るわけありませんwでも後5年10年で相当具体化されてくると思います。

 

既に衛星で企業が試して何基も宇宙へ送って試しているくらいなので、ある程度成果は目に見えて出てくるんだと思います。
ただ実際ネット通信の速さや料金の総合コスパを考えるとどんな風になるのか想像もできないので、恐ろしいですね。

 

 

ある意味このビジネスは軍事産業としては今後肝になってくると思います。
土地は宇宙ですから縄張りが今ならないですし、各社自由に占領していきそうですね。

 

 

リアルに考えると情報が駄々漏れになり、変な国が抑えるよりもアメリカ勢がしっかり占領してくれたほうが日本にとってはありがたいですね。まぁ今は光回線やポケットwifiで充分ですので、10年、20年は関係ないと思います。

 

 

まとめ:衛星インターネットVS光回線

 

まだまだ日本では光回線が最強だと思います。

 

ここ10年は少なくとも問題ないはずですし、そもそもネットに関して日本は困っていませんからね。
今で充分通信品質は良いので満足ですね。
しかし、ポケットwifiだと光回線と比べるとどうしても劣る部分はあると思います。

 

でもスマホも連動でどこでも使えるので魅力はたっぷり。

 

衛星インターネットであれば光回線と良い所とポケットwifiの良い所を合わせて提供してくれる日が近づいてくるのかもしれません。

 

インターネットは選び方がわかりづらいですね。

 

 

いずれにしても、まだハッキリとした成果はありませんが、期待して見守っていきます。

 

 

日本の企業で参入しているところは?

 

JSAT:https://www.jsat.net/jp/service.html 
KDDI:https://www.kddi.com/business/satellite/ 
関西ブロードバンド株式会社:http://www.kansai-bb.com/u/admin_info/8q7WsEoBADh59avn61gX 

 

 

今のところ調べてみると上記のような会社が衛星インターネットに参入しています。

 

 

 

どれも内容を見てみると料金も光回線より遅くスピードもADSL回線より遅く、個人向けでやっているところもあまりなくまだ実現度は低いようです。

 

 

ですが、これ以外でも新興企業で取り組んでいるところも数多くあると予測されます。

 

 

しかし、人工衛星から電波を地球上の基地局から更に信号変換をしていくわけなので、大変難しい技術だと思います。ちなみにソフトバンクも「ソフトバンク衛星電話サービス」を始めているみたいです。

 

 

料金を調べると1分40円なので、普通の通話料よりも高いです。
しかし、準備段階として色々コマを進めているようですね。